日々の変なニュースをねんごろに供養します。  震えて待て!!

フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/

RSSを登録

無料RSSブログパーツ

プロフィール

★フリスビー

Author:★フリスビー
No Life, No Music.
クラシック、ロックを偏愛。

mixiやってます

発言小町

おすすめ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ほのぼの】予定外のプロポーズ大作戦

2008/03/10 23:11|海外TB:0CM:2

カナダ人、サプライズプロポーズ大作戦不発|Techinsight Japan

カリブ海をクルージングしながらプロポーズをしようとしたカナダ人が大変な結末に。でもハッピーエンドだったほほえましいお話。


SFB-06093P.jpgあるカナダ人男性(24歳)が、映画のようにで、カリブ海でクルージングをしながら恋人にプロポーズをする計画を立てたのだった。

サプライズなので恋人にはクルージングデートを楽しむことしか伝えずに二人でまずは空港に向かったのが、不幸は早くもそこで起こった。

空港では手荷物検査を通過しなければならない、テロ対策でますます検査が厳重になったいる時期である。カバンを調べられていた男性は慌てた、カバンの中から小箱が出てきたので検査官は小箱の中身も確認の必要があると開けだしたのだ。

中から出てきたのはナント「ダイヤモンドをちりばめたリング」だった。「しまった!仕方ない」と諦めた男性はそこで恋人に
「Would you mary me?」(結婚してくれる?)
とプロポーズしてしまい、恋人も「OK!」と返事をくれた。

クルージングプロポーズ大作戦はあえなく失敗に終わってしまったが、お熱い二人は空港職員達に祝福されプロポーズは成功したというめでたい話である。

げに浮世は醜きかな…29ドルに群がって暴徒と化した人々

2008/03/02 21:20|海外TB:0CM:0
うるう年記念の現金プレゼントで騒乱 NY
CNN.jp

米動画共有サイト「キャッシュトマト・ドットコム」は2月29日、4年に1回のうるう年を記念し、当地のユニオン・スクエア・パークで現金をプレゼントする特別企画を実施したところ、集まった群衆が統制を失い、一時現場が騒然となった。


FireShot capture #2 - CashTomato_com - www_cashtomato_com_learnmore_php

2月29日午後2時29分、最高29ドルの現金を贈る──という冗談めいた企画のはずが、一転修羅場と化した。

アメリカの動画共有サイト「cashtomato.com」が、うるう年にあやかって企画したイベントには、関係者の予想を超える反応が待っていた。

予定の時刻が来ると、群衆が「札束をまけ」「金をくれ」と口々に叫んで我先に走り出し、将棋倒しとなった。
また、関係者をもみくちゃにしたり、関係者から奪った現金袋などを取り合ったという。
まるで、「タワーリング・インフェルノ」や「タイタニック」で、我先にと脱出口に向かう極限状況だ。

さいわいけが人はなかったようだ。キャッシュトマトは同様のイベントをこれまでも行ってきたが、今回は今までになく「攻撃的な人がたくさん来た」という。

集団心理とは恐ろしいものだが、逆にこうした反応が、現在の世相を映し出しているとも考えられる。

これが今のアメリカ、いや世界の世相ということか。

【中国】最新技術と大自然の融合→実は捏造写真だった

2008/02/27 21:51|海外TB:0CM:0
新華社通信が異例の謝罪、ネットの指摘により掲載写真の捏造が判明
technobahn

人工物と自然が織り成すダイナミックな風景として中国国営の新華社通信が紹介した写真が、ネット上の指摘により実は複数の写真を使って合成されたものだと判明。新華社通信が異例とも呼べる謝罪を行っていたことが26日までに明らかとなった。


200802271912.jpg

問題となったのは、カメラマン劉為強(Liu Weiqing)氏が撮影した、青蔵鉄道とチベットカモシカの大群が移っている写真。
青藏鉄道は中国政府が40億ドル(約4400億円)の巨費と国家としての威信をかけて建設を進めたもので、中国の工業技術力の高さも同時に示すものであった。

しかし、今年に入ってからネット上を中心に、この写真には不自然な点が多く存在することなどを指摘する声が相次いだ。
今月に入って、ついに劉為強氏が「2枚の別々の写真をパソコン上でフォトショップ(Photoshop)を使って合成して作ったものだ」ということを認める発言を行った。

もともと青蔵鉄道の建設は、この付近に生息するチベットカモシカの生息域を破壊するものとして問題となっていた。
チベットカモシカは今夏開催予定の北京オリンピックのマスコットにも選ばれており、中国政府のさらなるイメージダウンにつながるだろう。

北京五輪を前に、次々と立ちはだかる難題。中国に見えない力が働いているのだろうか?

【中国】ATMの明細書に1500兆円の恐怖

2008/02/02 21:33|海外TB:0CM:0
「お取引額100兆元」ATM明細票に驚愕の数字!利用者は怖くて眠れず…―安徽省
レコードチャイナ

ATMにクレジットカードを入れ、出てきた取引明細票を確認すると「お支払い100000000000000.08元」の文字が。あまり0の多さに目がく らんだが、良く確かめると「100兆元8分(約1500兆円)」という不思議な金額。あわてた彼はすぐに窓口へ行き事情を説明したが、行員はどうすること もできない。


20080202-00000002-rcdc-cn-thum-000.jpg 今月25日、安徽省合肥市に住む男性が、ネットバンキングの取引確認をかねて中国工商銀行合肥三牌楼支店を訪れた。

しかし、ATMにクレジットカードを入れ、出てきた取引明細票を確認すると「お支払い100000000000000.08元」の文字が。ためしに200元預金してみたが、相変わらず「お支払い100兆元8分」の文字。
銀行側も対応がわからず、とりあえず翌日カードと通帳を持ってくるよう指示した。

明細書の数字が本当なら、中国の昨年の国内総生産(GDP)約24兆元の4倍以上を使ったことになる。
男性は怖くて眠れぬ夜を過ごしたが、翌日ATMで確認してみると、今度は何の異常も見られなかった。
銀行側はATMの故障だろうと説明し、実害がなかったことから謝罪する気はないという。

日本の主要ATM保守会社によれば、何らかのソフトのバグか、静電気がセンサーを狂わせた可能性があるというが、日本ではまず起こりえない事故ということだ。

中国、相変わらずアバウトなお国柄である。

新種の哺乳類、「象トガリネズミ」が発見される

2008/02/01 21:49|海外TB:0CM:2
タンザニアで新種の哺乳類発見される
奇想天外生物図鑑カラパイア

新種とか未確認生物とか異質物にはいつもわくわくさせられるんだけれども、科学者の報告によると、タンザニアの山の中で、新種の哺乳類が発見されたそうな んだ。地元民はその動物を「sengi(センギ)」と呼んでいて、ヨーロッパの人は柔軟に曲がる長い鼻とトガリネズミに似ていることから、「象トガリネズ ミ」と呼んでるそうなんだ。


_44392414_shrew_416.jpg

一見ネズミに見えるこの象トガリネズミ、意外にも遺伝子の50%は象に関係していて、むしろよく似ているトガリネズミではなく、ハリネズミとモグラに関係していることがわかったという。

現在ではありえない組み合わせの遺伝子をもつこの動物は、いわば「生きる化石」で、3500万年ほど前からアフリカのタンザニアの山奥に生息し、今まで絶滅をまぬがれてきたというから驚きである。

人類にとってもかけがえのない財産なので、今後も暖かく見守っていってほしいものだ。

パレスチナよりビートルズ

2008/01/31 18:32|海外TB:0CM:0
イスラエル、ビートルズに謝罪
BARKS

イスラエルは、43年前にパフォーマンスを禁じたビートルズを今年の建国記念式典に招待したいと考えているそうだ。ビートルズは'65年、同国でコンサー トを開く予定だったが、イスラエル政府は若者を堕落させる恐れがあるとし、彼らのパフォーマンスに必要な許可を下ろさなかった。


IMAGE_FILE_URL.jpgパレスチナ人に対して長年妥協なき厳しい姿勢を貫いているイスラエル政府だが、ことビートルズに関しては寛容なようだ。

イスラエルは今年5月建国60周年を迎えるが、BBCによると、その記念イベントにポール・マッカートニー、リンゴ・スターというビートルズの生存メンバーおよび遺族を招待したいと考えているという。

現在リバプールを訪問中のイスラエル大使が、ビートルズ・ストーリー博物館でジョン・レノンの妹ジュリアに会い、43年前の出来事について謝罪の手紙を渡す予定だ。

イスラエルの外務省は大使がレノンの遺族に会い、建国記念イベントに招待することを認めているという。
イスラエルとしては、あわよくば建国記念イベントでの彼らのパフォーマンスを望んでいるようだ。

しかし、パレスチナ自治区ガザに対する経済封鎖の結果、ガザを囲む壁が破壊され、食料や物資を求める民衆がエジプトに多数流入し軍と衝突するなど、きわめて危険で非人道的な政策の反発が露呈している。

このような政局のなか、正直彼らには出席してほしくない。
どうせなら、イスラエルとパレスチナの和平を記念する場でパフォーマンスしてほしいものだ。

リンクの上では善いトラブルもあるもの

2008/01/28 19:04|海外TB:0CM:2
Rena and John win silver; marriage proposal follows; she says yes!
Rena Inoue & John Baldwin

As John Baldwin and Rena Inoue took their bows, John dropped to his knees and asked his longtime girlfriend to marry him. She appeared stunned — or maybe she just couldn’t hear — and he asked her a second time before she said yes, hugging him as tears rolled down her face.


theyes.jpg

フィギュアスケート・ペアの井上怜奈選手(米)が、全米選手権の演技終了直後、ペアを組んでいるジョン・ボルドウィン選手から氷上でプロポーズを受けるというシーンがあったという。

演技後、ボルドウィン選手がひざまずき、井上選手の両手を握って「残りの人生を一緒に過ごしたいのは君なんだ」と熱いプロポーズ。井上選手は涙ぐみながら、「はい」と答えた。

井上選手は、一時期肺癌・卵巣破裂などで辛い闘病生活を送っていた。しかし、病気などを一切言い訳にせず練習・競技に打ち込み、ボルドウィン選手もそんな井上選手を理解し2001年からペアを組んでいた。

氷上の限られた時間と空間の中にも、さまざまなドラマが凝縮されているものだ。おそらくその瞬間、世界で一番輝いていた場所ではなかっただろうか。

ブエノスアイレスでの空港職員のストライキに客が反発、暴動発生

2008/01/15 00:27|海外TB:0CM:2
アルゼンチンの国際空港で職員のストライキにより足止めされた乗客約3,000人が大暴れ
FNNニュース

南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの国際空港で12日、職員のストライキで足止めを余儀なくされた乗客が、カウンターを壊すなどして大暴れした。



ブエノスアイレスのエセイサ国際空港で、賃上げを求める空港職員のストライキによって、2日間の足止めを余儀なくされた乗客およそ3,000人が大暴れした。

説明に訪れた職員に対しても、空き缶を投げつけるなど、怒りが収まらない様子。

運行は再開されたが、まだ多くの人が空港で寝泊りするなどして混乱が続いている。

ストに対する暴動はちょっと短気すぎ、というか、もうちょっとなぜストにまでなったのかということを考えてほしい。

自分に都合が悪いから集団心理で暴れるというのは、文明人のやることではないのでは。


ローマ法王がエリートエクソシスト集団の設置命令

2008/01/04 20:58|海外TB:0CM:4
今度はローマ法王が、悪魔と戦う為に有能エクソシスト集団の育成を命令
奇想天外生物図鑑カラパイア

つい先だって、ポーランドにエクソシストセンターがオープンし たっていうことは、みんなにもお話したと思うけれども、今度はローマでローマ法王が自ら音頭を取り、悪魔祓いのエキスパートであるガブリエーレ神父(82 歳)指導の元、有能なエクソシストたちを育成し、エリートエクソシスト集団を作り上げ、悪魔たちと真っ向から戦うことを司教たちに命じたそうなんだ。


3a150873.jpgローマ法王ベネディクト16世は、若者たちが悪魔崇拝に傾き、堕落していると考えているようだ。
悪魔祓いといえば、映画「エクソシスト」で世界的に有名になった存在で、カトリックの、イエズス会の神父にしかできないとされていた。

天国と地獄があるように、神がいるなら悪魔もいて当然だ。あまりにも神を信じられなくなった世代が悪魔崇拝にはまってゆくのも分かる気がする。

人気漫画「ヘルシング」には、悪魔を専門に抹殺する、ヴァチカン法王庁特務局第13課特務機関『イスカリオテ』という組織が登場するが、とうとう現実のものとなるのだろうか。

ローマ教会側では、近年悪魔崇拝志向が高まりを見せたのは、ロックとインターネットの影響が大きいのではと分析しており、ダークサイドに身を投じてしまった若者たちの家族からの悪魔祓いの要請も増えているという。

何でも悪魔のせいにしてしまうのは楽だが、神も悪魔も人間の心の中に存在するものだということを忘れてはいけないだろう。


無から何かを生み出す力

2007/12/31 21:55|海外TB:0CM:0
イエメンの「オレンジ女王」は読み書きできない57歳の母
CNN

中東イエメンに、1日で25万ドル(約2800万円)相当のフルーツ200トンを取り引きする、「オレンジ女王」と異名を取る女性がいる。しかし、彼女は、文字を読んだり書いたりすることはできない57歳になる子供3人の母親だ。


CNN200712310025.jpg男尊女卑の文化が根強いイエメンで、8人しかいない果物ブローカーのひとりが、「オレンジ女王」と呼ばれるまでになったアニマ・アルアムラニさん(57)だ。

保守的なイエメンでは、女性が男性に混じって働くことは大きなタブーとなっている。アニマさんも、働くことで母親に激高され、兄弟には4年以上も口を聞いてもらえなかったという。
「親や兄弟が受け入れてくれなかったから、本当に辛かった」とアニマさんは振り返る。

農村部では80%以上の女性が働いて
いるが、ほとんどが家族の農場で働き、無賃金だ。

そういった中で、アニマさんの働く姿は、イエメン女性にとって、大きなシンボルとなっているという。

人生で本当に大切なのは何か、意味を持つものは何か、「何もなかったとしても、出来ると信じてがんばれば、出来るようになる」というアニマさんに学ぶものは大きい。

リラックマ

今日の中吊り

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

 |  未分類 | 社会 | 海外 | パソコン、インターネット | 政治 | デジタル | 医療・福祉 | 犯罪 | ビジネス | 雑学 | エンタメ | 教育 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。