日々の変なニュースをねんごろに供養します。  震えて待て!!

フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/

RSSを登録

無料RSSブログパーツ

プロフィール

★フリスビー

Author:★フリスビー
No Life, No Music.
クラシック、ロックを偏愛。

mixiやってます

発言小町

おすすめ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ親の理不尽な苦情が増えている

2007/10/18 20:53|教育TB:0CM:0
半数超が対応苦慮県教委
YOMIURI ONLINE

 県内の公立学校で、児童生徒の保護者から理不尽な苦情や度重なる要求があり、半数以上の学校が苦慮している実態が17日、県教育委員会の初の調査で明らかになった。学校への保護者のクレームは全国的な課題となっている。このため、県教委は事例ごとの対応マニュアルを作成し、今月下旬までに公立の小中学校や高校などに配布する。


※写真はイメージです。「同じ学級に気に入らない児童がいるので、宿泊体験ではうちの子と同じ班にしないでほしい」
「教師が勝手に給食を出している。うちの子には給食を出さなくていい」
 

近年、学校に対するこんな理不尽で一方的なクレームが増えているという。教師や学校側も「そんな理不尽な…」と感じつつも無下にできず苦慮しているようだ。 

岐阜県の例では、児童が登校しないため、心配した担任教諭が朝、自宅を訪問すると、「頼みもしないのに起こしに来て、近所迷惑だ」と逆に苦情を言われた事例もあった。
 
こうしたクレーム対応がこじれた場合、県教委は弁護士の派遣も考えているという。
非常識で大人気ない保護者たちはなぜここまで増長したのだろうか? 背景にはここ数年で一挙に崩壊した日本の政治行政による「力関係の逆転」がある。
 
政治家も教育者も企業も、「お詫びいたします」と頭を下げる光景が当たり前となってしまった今、幼稚な不満でさえ「市民の声」として珍重される社会になってしまったのだろう。 

しかし、歴史は繰り返す。必ずこの力関係が逆転する日はやってくる。
そのとき、「親バカ」ならぬ「バカ親」がどうなるのか、想像するだけでも恐ろしい。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/tb.php/86-f6353912

リラックマ

今日の中吊り

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

 |  未分類 | 社会 | 海外 | パソコン、インターネット | 政治 | デジタル | 医療・福祉 | 犯罪 | ビジネス | 雑学 | エンタメ | 教育 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。