日々の変なニュースをねんごろに供養します。  震えて待て!!

フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/

RSSを登録

無料RSSブログパーツ

プロフィール

★フリスビー

Author:★フリスビー
No Life, No Music.
クラシック、ロックを偏愛。

mixiやってます

発言小町

おすすめ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「年収50万ドル以上の花婿」を求める広告に痛烈な批判

2007/10/11 20:11|海外TB:0CM:0
「リッチな花婿募集」のオンライン広告、あっさり空振り
ITmedia News

 匿名の25歳の女性が無料広告コミュニティーサイト「Craigslist」のニューヨーク版に広告を出し、ニューヨークに在住の裕福な結婚相手の見つけ方についてアドバイスを求めた。ニューヨークのウォール街の銀行家は毎年最高1000万ドルもボーナスを稼いでいる。


man sitting5広告掲載後、コミュニティーで彼女は自分を「飛び切りの美人」で「軽薄」だと紹介し、その後も、「リッチな独身男性がよく行く場所はどこか」といった質問をしたという。

その後、彼女が挙げた条件を満たしていると称する匿名の銀行家が、この広告メッセージを分析してコメントを投稿した。
それは、「あなたの容貌は衰えていくだろうが、わたしはずっとお金を稼ぎ続けるだろう」という内容で、「経済用語で言えば、あなたは減価償却資産、わたしは収益資産ということだ」「『あなたを買う』のは、ビジネス上、理にかなっていない。むしろリースの方が望ましい」という痛烈なものだった。

確かにこの銀行家のいうことは的を得ている。広告主の女性も「身の程知らず」を思い知らされたことだろう。

日本でも、よく「年収1000万以上限定」「医者、弁護士限定」などという出会いパーティーがあるが、人間が日々衰えていく「減価償却」資産であることを認識してほしいものだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/tb.php/80-820c6600

リラックマ

今日の中吊り

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

 |  未分類 | 社会 | 海外 | パソコン、インターネット | 政治 | デジタル | 医療・福祉 | 犯罪 | ビジネス | 雑学 | エンタメ | 教育 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。