日々の変なニュースをねんごろに供養します。  震えて待て!!

フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/

RSSを登録

無料RSSブログパーツ

プロフィール

★フリスビー

Author:★フリスビー
No Life, No Music.
クラシック、ロックを偏愛。

mixiやってます

発言小町

おすすめ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「学校だより」の「うん子」記事に保護者が反発

2007/10/06 18:34|教育TB:0CM:0
小学校の男性校長が学校だよりに不適切な表現/横浜 社会 )
カナロコ

 横浜市神奈川区の市立小学校の男性校長(57)が、父兄や地域の人たちに配布した「学校だより」(10月号)で表題を「うん子」とするなど不適切な文章を載せたことが五日、明らかになった。保護者らから市教育委員会などに厳しい批判が寄せられているという。


2001oosyo.jpg問題となっているのは、『うん子』と題した記事で、内容は、「はい」という基本的な返事ができず、「うん」としか言えない子どもが多いことを嘆く内容。
『「わかったかな?」と聞くと「うん」と答える。「うん、じゃなくてはいでしょ」と言うとまた「うん」と返事をする。おまえは「うん子」か、と言いたくなる』という実例が挙げられている。

この記事に、保護者らから「子どもたちがかわいそう」「安心して子どもを任せることはできない」などと批判が相次いでいるという。
また、この問題は五日の市会決算特別委員会でも取り上げられ、市長が「言葉をわきまえて教育にあたっていただきたい」と述べるまでの騒動となった。

しかし、この記事のどこに問題があるのだろうか? 初対面の人や目上の人(子どもの場合、ほとんどの人が目上にあたるが)に対して「はい」と答えるのは社会生活の基本中の基本で、本来家庭でしつけるべきものである。

それを棚に揚げて「子どもがかわいそう」などという妄言が出てくることが理解できない。
これでは、「集団生活の基礎を学ぶ」という学校の本来の役割が果たせない。

イエスマンとして理不尽な物事にまで同調する昨今の風潮は、ひじょうに危険で、倫理崩壊につながりかねない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/tb.php/74-0e27e23f

リラックマ

今日の中吊り

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

 |  未分類 | 社会 | 海外 | パソコン、インターネット | 政治 | デジタル | 医療・福祉 | 犯罪 | ビジネス | 雑学 | エンタメ | 教育 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。