日々の変なニュースをねんごろに供養します。  震えて待て!!

フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/

RSSを登録

無料RSSブログパーツ

プロフィール

★フリスビー

Author:★フリスビー
No Life, No Music.
クラシック、ロックを偏愛。

mixiやってます

発言小町

おすすめ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにJASRACが独禁法違反の疑いで立ち入り検査受ける

2008/04/23 20:21|ビジネスTB:0CM:0
音楽著作権管理、JASRAC独占の疑い・公取委が立ち入り
NIKKEI.NET

 音楽の著作権管理事業を巡り、自らに有利な内容の契約を放送局と結び、新規事業者の著作権管理市場への参入を不当に締め出した疑いが強まったとして、公正取引委員会は23日、独占禁止法違反(私的独占)の疑いで日本音楽著作権協会(JASRAC)に立ち入り検査した。



Video: 公取委、JASRACが独占禁止法に違反した疑いがあるとして立ち入り検査


Sitekirokuonrokuga.jpg違法着うたの記事を書いたと思ったら、なんとタイミングよくJASRAC(日本音楽著作権協会)に公正取引委員会の立ち入り検査が入ったという。
独占禁止法違反(私的独占)の疑いだそうだ。

現在、音楽を作る側と買う側とのお金の流れは、右図のようになっている。
実際にミュージシャン(権利者)にお金がわたるまでに、かなり搾取されているのがわかるだろう。

JASRACは、テレビやラジオなど放送事業者が、経常事業収入から一定経費を差し引いた「放送事業収入」の原則1.5%を支払えば、JASRACが著作権を管理している曲を自由に使うことができる、いわば“定額制”を敷いており、このお得なプランが他の著作権管理団体の参入を妨げていると公取委は判断したようだ。

これまでもJASRACの独占状態を批判する声は多かった。
ミュージシャンの坂本龍一氏は、「著作権者が、自分の権利の管理方法を選択できない今の制度は創作活動の発展を阻害するもの」という趣旨の意見広告を新聞前面に出したことがある。

権利者が、自分の創作活動に合った管理団体を選べたり、自分自身で管理できるような構造改革が必要だろう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/tb.php/257-fee9ff23

リラックマ

今日の中吊り

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

 |  未分類 | 社会 | 海外 | パソコン、インターネット | 政治 | デジタル | 医療・福祉 | 犯罪 | ビジネス | 雑学 | エンタメ | 教育 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。