日々の変なニュースをねんごろに供養します。  震えて待て!!

フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/

RSSを登録

無料RSSブログパーツ

プロフィール

★フリスビー

Author:★フリスビー
No Life, No Music.
クラシック、ロックを偏愛。

mixiやってます

発言小町

おすすめ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノーマーク」の問題児

2008/07/17 09:33|犯罪TB:0CM:2
【愛知バスジャック】「ノーマークの子だった」 肩落とす校長ら
MSN産経ニュース

 重大な事件を起こしたのは、ごく普通の中学2年生だった。16日、愛知県の東名高速で起きた高速バス乗っ取り事件。逮捕された少年(14)はテニス部に所属するまじめな生徒で「ノーマークの子だった」。中学の校長らは苦渋の表情を浮かべた。




東名高速で起きたバスジャック事件の容疑者について、少年が通う中学校の校長らは、「非常に驚いている。まじめな生徒で心配したことはなかった。ノーマークの子だった」と肩を落としている。

しかし、少年の同級生によると、
「結構目立ちたがりやというか、きれたら止められない。きれたら何するかわからない」
という証言も聞かれた。

思うに、校長らは、少年について何も把握していなかったのだろう。

学級委員、テニス部、欠席が少ない=まじめ、というまことに短絡的な判断で、「ノーマーク」にしていたのではないか。

宇部市教育委員会は16日夜、会見を開き、少年と同級生の女子生徒との間でトラブルがあり、女子生徒の親が学校に相談していたことを明らかにした。

凶悪犯罪を犯すのは、マーク済みの「非行少年」ではなく、「ノーマーク」のまじめで素行がよく見える生徒だということを、酒鬼薔薇事件以降学んでいなかったのだろうか。

スポンサーサイト

世紀末衝撃犯罪史

2008/07/16 22:36|犯罪TB:0CM:0
今の犯罪と比べると、だいぶ質が違うようにも感じる、20世紀末の重大事件ダイジェスト。




日本タブー事件史 (宝島社文庫)
日本タブー事件史 (宝島社文庫)別冊宝島編集部

宝島社 2005-12
売り上げランキング : 142152

おすすめ平均 star
star良心的な本です
starガイドブックとして
star興味の有る方には丁度良い内容

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

存在自体が暴力――野次馬と携帯電話

2008/06/25 20:17|犯罪TB:0CM:3
救命中、やじ馬でPTSD 助けられないと自責も
イザ!

 航空機内で心肺停止した男性に蘇生(そせい)措置をして助けた女性が、やじ馬状態のほかの乗客に写真を撮影され、恐怖心などから心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった。


250px-VN_A321-200.jpg航空機内での心肺蘇生の実施により心的外傷を負った1例によると、救命措置中の女性が野次馬による異状行動によってPTSDに陥ったという信じがたい症例があるという。

平成18年2月17日、成田発ホーチミン行きのベトナム航空機内で男性が突然倒れたため、たまたま居合わせた会社員の女性が救命措置を始めた。
女性は赤十字協会の救命指導員資格を持っていたという。

男性が心肺停止状態だったため、女性は客室乗務員にAEDとドクターコールを要請、心臓マッサージを始めたが、AEDが運ばれてくるどころか、客室乗務員は誰も救命措置を手伝わなかった。

その間、乗客であった多数の中高年日本人男性が群れをなして押し寄せて、「テレビと同じのをやっている。」「あの人が止めたら死ぬんでしょ?」などと言いながらカメラや携帯電話で写真を撮ったり,ビデオ撮影をしたりしていたという。

女性は、心肺蘇生を止めたら「人殺し」と呼ばれるのではないかという恐怖心を感じ、必死で心肺蘇生を行ったという。

1時間以上に及ぶ必死の救命措置の結果、男性は蘇生し、命をとりとめた。
その後軽度の手指障害を残したが、元の職場に復帰できたそうだ。

救助した女性は、長時間無理な姿勢で救命措置をしたため何日も激しい筋肉痛におそわれたが、それ以上に女性を苦しめたのは、人命をあずかるという極度のプレッシャーと、野次馬の罵声と包囲の恐怖からくる急性ストレス障害、外傷後ストレス障害だった。

女性は中年男性や日本人そのものに対する人間不信や、居酒屋など中年男性が集まる場所で過呼吸症状が出るなどの症状に苦しめられ、カメラのシャッター音が怖く携帯のカメラも使えなくなったという。

このように、緊急時にたまたま居合わせた人による「惨事ストレス」の事例は増えているそうだが、それにも増して恐ろしいのは野次馬と携帯電話という狂気と凶器の組み合わせだ。

マスコミと同じことを野次馬ができてしまう恐怖。

野次馬の語源は親父馬だそうだが、この例はまさにオヤジそのもの。しかし誰でも野次馬になり加害者になる可能性を持っていることを肝に銘じておきたいものだ。

真実の追究が身を滅ぼす

2008/05/22 18:44|犯罪TB:0CM:0
殴った相手が反撃、さらに殴り返す…「正当防衛に当たらず」 最高裁初判断
iZA!

 殴った相手に反撃され、さらに殴り返した場合、殴り返した行為が正当防衛に当たるかが争われた傷害事件の上告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「正当防衛には当たらない」と判断して被告の上告を棄却する決定をした。


saikosaibansyo.jpg誰でもわかりそうなことを裁判沙汰にし、逆に身を滅ぼした愚かな裁判の判断が下された。

この被告は、平成17年11月、東京都府中市の路上で男性を素手で殴打。
男性は立ち去った被告を約90メートル追跡して素手で反撃したため、被告が特殊警棒で殴り返して男性にけがを負わせた。
被告は、懲役6月、執行猶予3年の判決を受けたが、「殴り返した行為が正当防衛に当たる」として上告していた。

先に殴っておいて、しかも特殊警棒でやり返して正当防衛?
どう考えても傷害罪に加え過剰防衛も加わりそうな状況だが、そんなことがわからなかったのだろうか。
だが正当防衛の成否ついて、相手からの反撃を予測できなかった場合は正当防衛が成立する余地があるとされていたというから驚きだ。
法律と良識は別の存在であるらしい。

まるでネオナチ…恥ずべき“サポーター”の排斥主義

2008/05/18 17:23|犯罪TB:0CM:3
埼スタ無法地帯!サポーター大暴動
livedoorニュース

 Jリーグで前代未聞の“暴動”が起きた。首位の浦和は17日、埼玉スタジアムでG大阪と対戦し2―3で敗れたが、誤審や勝利を喜ぶG大阪の挑発的な行為をめぐり、選手間で小競り合いがぼっ発。試合後は両サポーターとも暴徒化し、パトカー30台、警官、機動隊など警察関係者が約150人出動する非常事態に発展した。


WS000030.jpgサッカーというスポーツは、スピーディーで目まぐるしく、観る者を興奮させる。攻撃と守備が交替でやってくる野球とは違う魅力のスポーツだ。
この興奮が暴走すると、サポーター→フーリガンへと変化する。

浦和レッズが、本拠地埼玉スタジアムで負けた。どうやら審判の判定が不利だったそうで、会場は殺気立っていたようだ。
勝ったガンバ大阪の選手たちが勝利を祝い円陣を組んだ。ごく自然な行動だと思うが、浦和の選手もサポーターも、これに激怒。
試合後はアウェー席の出口を約5000人の浦和サポーターが封鎖。ガンバ大阪の約3000人のサポーターが3時間にわたって閉じ込められ、暴力や罵声を浴びせられたという。

選手もサポーターも精神的に幼稚すぎるのは仕方がないとしても、「俺たちの聖地で勝手なことをするな」という排斥主義は、ネオナチの移民排斥に名を借りた暴力行為と何が違うのか。

宗教か、ファシズムか。

裁判員制度、8割近くが「参加したくない」

2008/05/13 16:11|犯罪TB:0CM:0
NHKが行った世論調査で、来年から始まる「裁判員制度」について、77%の人が参加したくないという結果が出た。


仕事や家庭の事情、または被告に不利な判決を下した場合の報復が怖いという現実的な理由もあるが、7割近くは
「的確に判断する自身がない」
「人を裁くことに抵抗がある」
という意見だった。

確かにこれが普通の感覚だろう。
長年司法に携わってきた裁判官ですら苦悩するのだから、市井の人々に判断しろというのがそもそもムリな話だ。

裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
裁判員制度の正体 (講談社現代新書)西野 喜一

講談社 2007-08-17
売り上げランキング : 22311

おすすめ平均 star
star稚拙で、論理と呼べないような言いがかり羅列の本
star裁判員を回避するテクニック満載
star裁判員制度の問題点がよく分かる必読書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

秋葉原露出ゲリラ、摘発さる

2008/04/25 17:28|犯罪TB:0CM:2
アキバで下着露出女性を逮捕
MSN産経ニュース

 東京・秋葉原の歩行者天国で下着を露出したなどとして警視庁万世橋署は25日、都迷惑防止条例違反の疑いで、都内に住む職業不詳、沢本あすか容疑者(30)を逮捕した。


ddb40778.jpg秋葉原でストリップショーをゲリラ的に敢行していた沢本あすかさんが逮捕されたそうだ。
「職業不詳」となっているが、本人のブログによると、モデル、DVD、写真集、レースクイーンなどを経験。現在、sexyユニット「モンロー・ビッチ」のVo兼プロデューサーということだ。

秋葉原の歩行者天国では、他にも大音量でのバンド演奏などが問題になっており、警察の取締りが厳しくなっていた。一昔前の原宿の歩行者天国のようなものか。

沢本さんの「撮影会」では、撮影しようとする男性らが路上に集結するなど問題になっていたという。

ちょっと気にかかったのは、ブログに、

ノンアポのマスコミとか、アンチ沢本がどこまでもついてくるからタクシーで帰ったほど。
アンチ沢本は「変態行為はやめろ!」とかぬかしてたな。変態のあすかwにいっても通じないそ??


とあったことだ。

ストリップショーに客が来るのはわかるが、なぜ「アンチ」が来るのだろうか。「変態行為はやめろ」って、風俗店の客が女の子に説教するようなもので、客として見に来るほうがまだ健全だ。

まあ、日本は今日も平和だ。

チューリップ切断男の映像公開

2008/04/24 16:50|犯罪TB:0CM:0
群馬・前橋市チューリップ切断事件 傘で花を切断する男の防犯カメラ映像公開
FNNニュース

群馬県警は、前橋市で起きたチューリップ切断事件の犯行の瞬間を捉えた防犯カメラの映像を公開した。
スーツ姿の男が、傘を振り下ろし、プランターのチューリップを次々となぎ払っていく様子が映されている。

こういう犯人に限って、「むしゃくしゃしてやった」「酔っていてよく覚えていない」などと言い訳するものだ。
この手の犯人には罰金などより、社会奉仕を命じたほうが世のため、犯人自身のためであろう。


Video: チューリップ切断事件 傘で花を切断する男の防犯カメラ映像公開


【母子惨殺・死刑】また朝日…名乗りもせず悪意ある質問

2008/04/22 19:03|犯罪TB:0CM:0
当時18歳に死刑判決=回避する事情なし-光市母子殺害差し戻し審・広島高裁
Yahoo!ニュース

 山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元少年(27)の差し戻し控訴審判決公判が 22日、広島高裁で開かれ、楢崎康英裁判長は「死刑を回避する事情を見いだすすべもなくなった」と述べ、死刑を言い渡した。


本日、高裁で光市の母子惨殺事件の死刑判決が下され、判決後、被害者遺族の本村洋さんが記者会見を行った。



司会が、 「では、各社ご自由に、社名と名前を名乗って、ご質問ください」と言って質問が始まった。
多くの質問者がいたが、みな社名と自分の名前を名乗っていたが、朝日新聞だけが違った。

「朝日新聞です」とだけ言い、
「今回少年は18歳と1ヶ月で前科がなく、2人も殺害することでこれが死刑判決になると、今後こうした厳しい量刑が続くと思います。死刑に対するハードルが下がることについてどう思われますか?
と、まるで本村さんのせいで厳罰化が進んだかのような質問を浴びせた。

本村さんは「死刑のハードルという考え方自体がおかしい。それは司法が作った慣例にすぎない」と反論した。

検察に質問したのならまだ許されるだろうが、被害者遺族に対する感情を逆撫でするような質問は悪意に満ちたもので、容認できるものではない。

礼儀も知らず、他と違うことを言うのが正しいと思い込んでいる朝日新聞。
また恥の歴史を刻んだ。



これでも朝日新聞を読みますか?
これでも朝日新聞を読みますか?山際 澄夫

ワック 2007-12
売り上げランキング : 1545

おすすめ平均 star
star毎日毎日よくもこうプロパガンダをまき散らせるものだ。
star自己満足的な本
star10年ほど読んでいない朝日新聞

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

闇の職人、「指紋消し屋」の実態

2008/03/06 23:18|犯罪TB:0CM:0
闇のビジネス、「指紋消し屋」の実態
ザイーガ

 ドラック所持の疑いで逮捕されたエドガルド・ティラドと名乗る男は、ローレンス警察署にて指紋採取に応じ、手袋を脱いだところ、10本の指全てに接合の糸が残っていた状態で、指紋はすっかり隠蔽されていたという。



ダロン・フレーザー刑事はこの指をみてピンときたそうだ。
彼の指は、ドミニカ共和国にて闇の手術人である「指紋消し屋」に依頼し、切開されたものであることがわかったという。

指紋の消し方は、彼のように切除手術をするものの他に、薬剤などで溶かしたり、焼いたりする方法などもあるのだという。指紋を消す手術の相場は1000ドル~7000ドル(12万~80万)。高いのか安いのかはわからないが…。

指紋は数年すると浮き出てくるうえ、最近はDNA鑑定が決め手になることが多いので、闇市場にて偽の出生証明書や社会保険証を買って、短期的な逃亡や犯罪歴を消すのに使われるようだ。

しかし警察では指紋だけに頼らず、顔の認知技術(顔のパーツをばらばらにしてコンピューターに読み込み、整形されても割り出せる)なども取り入れ、複雑化する犯罪組織に対応していっている。

日本でも、いまだに見つかっていないオウム真理教の3人の指名手配者が指紋を消して潜伏している、といった都市伝説もある。

だが、科学捜査も日進月歩で進化している。逃げおおせるのは困難だろう。

リラックマ

今日の中吊り

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

 |  未分類 | 社会 | 海外 | パソコン、インターネット | 政治 | デジタル | 医療・福祉 | 犯罪 | ビジネス | 雑学 | エンタメ | 教育 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。