日々の変なニュースをねんごろに供養します。  震えて待て!!

フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
http://frisbeenews.blog104.fc2.com/

RSSを登録

無料RSSブログパーツ

プロフィール

★フリスビー

Author:★フリスビー
No Life, No Music.
クラシック、ロックを偏愛。

mixiやってます

発言小町

おすすめ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの自由研究のネタに…

2008/08/02 19:38|教育TB:0CM:0
よい子のみんな、夏休みの宿題はちゃんとやっているかな?

工作や自由研究は、いきなりはじめてもうまくいかないよ。
そんなときの準備に、「Phun」というサイトを使ってみてはどうかな?



ただのお絵かきサイトに見えるけど、実はこれ、2次元の物理学シミュレーターなんだ。

実際に工作してみる前に試してみれば、うまくいくかどうかわかるかもしれないよ!

スポンサーサイト

教育より名誉を選んだ大人たち

2008/08/01 13:13|教育TB:0CM:4

crm0808010048000-p9.jpg第90回全国高校野球選手権記念大会の群馬県代表校・桐生一の2年生野球部員が31日、女子高生(16)の体を触ったとして、強制わいせつ容疑で群馬県警太田署に逮捕された。

同校では大阪入りしている部員29人の関与がないことから、出場辞退はしない方針。
日本高野連も連帯責任は問わない方向で、そのまま出場の見込みだ。

開会式リハーサルが1日午前行われたが、桐生第一高校も参加した。

桐生一・高橋昇校長(54)は、記者会見で、「時代的に、1人のミスを全員で責を負うのは違ってきている気はする。3年間、誠実に全力で戦ってきた選手たちに、汚名返上の機会を与えてやってほしい」と説明したという。

過去には、飲酒や喫煙で補導され、北海道の駒大苫小牧高校が出場を辞退している。

つまり、強姦未遂は喫煙より罪が軽いということだろうか?
この方が常軌を逸して時代錯誤だと思うのだが。

逮捕された部員には余罪があり、被害届は出されていないものの、過去強姦に及んだ事件もあると見られている。

いったい野球部の指導者としての責任は何処にあるのだろうか。関係ない部員に罪はないというなら、監督はすぐに辞任すべきである。それさえしないということは、被害者のことなどみじんも考えていないということだろう。

楽しい夏休みをめちゃくちゃにされた被害者。その一方で甲子園で晴れの舞台に立つ野球部。
あまりに理不尽な光景だ。

教育的配慮から、今回の大会は中止すべき、と朝日新聞と高野連には言いたい。


元記事:「被害女性より部員の気持ち優先か」会見場怒号…桐生一監督交代もなし:高校野球:野球:スポーツ報知

給食にアンデスメロンは必要か

2008/07/07 10:44|教育TB:0CM:0
食材値上げに学校給食『もう限界』
中日新聞

 食材の値上げラッシュが止まらない。7月も続々アップが見込まれ、各地の小中学校の給食現場では悲鳴が上がっている。


20080701-2_01.jpg食材の相次ぐ値上げで、学校給食が立ち行かなくなっているという。

愛知県岡崎市では、年度内は給食費を据え置く方針で、献立に苦心。
かんきつ類はサイズを小さくし、国産牛肉は一部を安価な外国産にした。外国産は肉質が硬いが、煮込んだり、ミンチにしたりしてしのいでいる。

三重県津市美里町の辰水小は、5月から牛肉が消え、豚肉や鶏肉に。
四日市市は6月、人気のアンデスメロンをあきらめ、9月のナシもやめる。外国産食品に対する不信が広がり、国内産にシフトしたのがコスト上昇の一因ともいう。

しかし、顧みるに、子どもの頃給食で牛肉を食べた記憶がない。印象に残っているのは鯨の竜田揚げとたまに出るカレーぐらいだ。

今の給食は国産牛肉がスタンダードで、メロンも定番らしい。ばかげた事だ。
給食費の不当未払い問題もあるし、この程度で音を上げている教育関係者ははなはだ頼りない。

オーストラリアの首相は「日本の捕鯨には意味がない」と言ったが、安価で用途も広い鯨肉がなくなったのが今こんなところで問題になっている。
他国の食文化も知らず適当なことを言ってほしくないものだ。

ここ20年ばかり、「何でも好きなだけ食べられる」という異常な時代が続いた。
その幻想をひきずらず、教育関係者の「ゆとり脳」を頭脳改革することから始めなければならないのだろう。


給食番長 (cub label)
給食番長 (cub label)よしなが こうたく

長崎出版 2007-06
売り上げランキング : 1341

おすすめ平均 star
star給食のおばちゃんたち
starこれから読み聞かせです!
starクラス全員で楽しむ絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クラシックの曲や楽譜を無料で利用できるサイトがオープン

2008/05/23 19:43|教育TB:0CM:0
バッハやベートーヴェン、モーツァルトなどの主要な楽曲を無料でダウンロードでき、楽譜も閲覧できる「Musopen」というサイトがオープンした。

FireShot capture #7 - Musopen - Free Public Domain Classical Music - www_musopen_com

Musopenでは、サイトに登録すれば、音大のオーケストラや学生による演奏を無料でダウンロードできる(mp3形式)
現在トップページではベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲(32曲)が紹介されている。

また、楽譜もpdf形式でダウンロードできる他、ブログに貼り付けたりもできるようだ。

基本的に英語表示のサイトなので、慣れない人には使いづらいかもしれないが、一応画面下の「Translate」をクリックし、「Japanese」を選択すれば日本語に翻訳してくれるので、ある程度は助けになるだろう。

買うと高価な譜面を見られるだけでもありがたいサービス。音楽を勉強中の人や、クラシックに興味はあるけど買うのはちょっと…という人にはお勧めのサービスだ。

携帯電話を持つデメリット

2008/05/18 01:07|教育TB:0CM:2
教育再生懇「小中学生に携帯持たせるべきでない」
iZA!

 政府の教育再生懇談会(座長・安西祐一郎慶応義塾塾長)は17日の会合で、子供を有害情報から守るため、小中学生に携帯電話を持たせるべきではないとの内容を、今月末にまとめる第1次報告に盛り込むことで一致した。


0469938b.jpg科学技術が進歩して、それまで人間の手をわずらわせていたものが機械でできる時代になった。
だが、はたして我々の仕事は減って、楽になっただろうか?
逆にさらなる生産性を求めて、ますます忙しくなるばかりである。

携帯電話も確かに便利そうだ。どこにいようがすぐに連絡がつく。だが、それがメリットと言えるのだろうか。

携帯電話を持つことは、見えない鎖で自らを縛るようなものである。そうしなければ人間関係もままならないような社会、これは根本から間違っている。

政府の教育再生懇談会が打ち出した「小中学生に携帯電話を持たせるべきではない」という見解は、時代錯誤に思えるが、ひじょうに有効で的を得ていると思う。

携帯電話事業者はフィルタリングなどで対策をしていくというが、これは単に小中学生の親からも間接的に金を搾り取りたいだけで、決して子どもの安全などみじんも考えていないことは明らかだ。

教師という絶対的立場のもつ責任

2008/05/10 18:55|教育TB:0CM:2
損害賠償:一番嫌われている人、クラスで公表…元児童提訴
毎日.jp

 千葉市立小学校時代に当時の担任教師が行った「クラスで好きな人、嫌いな人」のアンケートで「一番嫌われている人」として実名を発表されたため精神的苦痛を受けたとして、千葉市内の男子中学生とその両親が市に対し約1000万円の損害賠償を求める訴えを千葉地裁に起こしていたことが10日、分かった。


chiba1.jpg学校という社会において、クラスとは最小単位の社会にあたる。
その共同体を見守るべき担任が、誹謗中傷を助長する指導をした。
小学4年生のクラスで、「一番好きな人、嫌いな人」を児童に書かせ、「一番嫌われている人」として1人の児童の名前を皆の前で発表したという。

この児童はその後いじめを受け、転校せざるを得なくなった。こんな教師のもとでいじめの解決など望めるはずもないからだろう。

このいじめを受けた少年と両親が、精神的苦痛を受けたとして、市に対し約1000万円の損害賠償を求める訴えを千葉地裁に起こした。

アンケートを書かされた児童の中には、違和感を持つ子も多くいたことだろう。だが小学校の教師、生徒という上下関係において、逆らうことはできなかったのだろう。

裁判を通じて、この教師の実名が明らかになり、はたして教師個人の資質の問題なのか、教育の場全体の問題なのか、議論されることを願いたい。

ホームレス・浮浪者・乞食の違いを教育せよ

2008/05/06 20:31|教育TB:0CM:2
FNNニュース: 福井・坂井市の中学校...

福井・坂井市の中学校で、この春の卒業文集に、「将来ホームレスになっていそうな人」として、生徒の実名が掲載されていることがわかった。


卒業文集というものは、担任が全ての原稿をかみしめて読んでいるものかと思っていたが、違っていたようだ。


Video: 中学校の卒業文集に「将来ホームレスになっていそうな人」ランキング

福井・坂井市の春江中学校では、生徒が中心となってクラスごとに卒業文集を作成したが、うち1クラスの内容に「ホームレスになっていそうな人ランキング」というものがあり、生徒の実名が掲載されてしまったという。

要は担任がろくに原稿を読んでいなかったため印刷されてしまったということだが、これが教育の成果だったという厳しい現実でもある。
こうした誹謗・中傷を原稿にした生徒たちの責任のほうが重大ではないか。そもそもホームレスや浮浪者といった社会層について何も教えてこなかった、いや、避けていた教育の問題もある。

手元の『三省堂 国語中辞典』によると、
【浮浪者】一定の住所・職業を持たず、あちらこちらをさまよい暮らす者。
とある。
昭和42年発行のこの辞書には「ホームレス」という言葉はない。最近できた「言い換え」言葉だからだ。

乞食や浮浪者という言葉なら抵抗もあろうが、ホームレスなら抵抗なく使ってしまう。そこが教育の問題点ではないか。

卒業文集の回収ですませるのではなく、ホームレス、浮浪者、乞食といった差別語についてもきちんと教えるべきだ。それが真の教育というものだろう。

学生より親が多い東大の入学式

2008/04/11 19:14|教育TB:0CM:0
東大生は親離れを
@niftyニュース

 東大の入学式が11日、日本武道館で開かれ、新入生の人数を2100人も上回る父母らで埋まった客席を前に、建築家で特別栄誉教授の安藤忠雄さんが祝辞で「親離れをしてほしい」と新入生と父母双方に自立を促す一幕があった。


2008041101000419.jpg「親が入学式についてくるのは小学生まで」と思っていたが、日本の最高学府では事情が違うようだ。

今日、日本武道館で東京大学の入学式が行われたが、約3160人の新入生に対し、“関係者”は約5300人と、大きな子どもの入学式のようだった。

官僚や大企業の出世には、学歴の派閥“学閥”がモノを言うのは変わっていないようで、「サンデー毎日」で東大の合格者名簿をチェックしているような親にとっては、子どもというより、自分の晴れ姿でもあるようだ。
大学側は、会場の広さから、関係者は2人までに制限した。それでも「3人以上で」などの問い合わせが減らないという。

入学式で祝辞に立った建築家で特別栄誉教授の安藤忠雄さんは、「自己を確立しない限り独創心は生まれない」と強調。「自立した個人をつくるため親は子どもを切り、子は親から離れてほしい」と訴えた。

まあ、確かにその通りだ。

卒業式で1人だけ起立、あっぱれ

2008/03/27 19:05|教育TB:0CM:2
国歌斉唱で起立の卒業生、1人だけ 教員指示か
iZA!
 大阪府門真市の市立第三中学校で今月13日に行われた卒業式で、約170人の卒業生のうち男子生徒1人を除く全員が、国歌斉唱時に起立せず、その多くが斉唱もしなかったことが26日、分かった。

WS000017.jpg公立学校の行事等での教師の国歌斉唱時の「不起立」が疑問視されている中、卒業式でほとんどの生徒が「不起立」するという珍事があった。

式に出席していた3学年の担任、副担任計11人のうち9人も起立せずに斉唱もしなかったことから、学校側は事前に教員が卒業生に不起立を促した可能性があるとみて担任らから事情を聴いており、事態を重くみた府教育委員会も調査に乗り出した。

学校の調査に対し一部の教員は「生徒に国歌の意義について説明し、『式で歌うかどうかは自分で判断しなさい』と指導した」と話しているとのことで、事前に生徒を誘導した臭いがプンプンする。

教師自身がどういう思想を持とうが自由だが、同様に生徒もまた自由である。
公務員でありながら、義務教育の、しかも公立学校でサボタージュし、生徒の「思想統制」までしていたとなればこれは大問題だ。

卒業式前という、ある種クラスの団結が強まる状況を利用した教師たちの行為は、まことに卑劣極まりない。

このような異常な状況の中、たった一人起立し続けた生徒こそ、真に自由だ。

辞書は必要に応じて使い分けよう

2008/01/27 21:15|教育TB:0CM:0
10年ぶり改訂…広辞苑【キャバクラ】落選のワケ
iZA!

岩波書店の 広辞苑が10年ぶりに改訂され、第6版が今月から発売された。(中略)新たに加わった1万語の中には、「いけ面」「さくっと」「ラブラブ」など日常、頻繁に使われる現代語やカタカナ語が 多く収録されたが、よく耳にする言葉の中には、意外な落選組もあった。


56692_c160.jpg大型国語辞典の「広辞苑」が改訂され、注目を集めている。

岩波書店の編集部課長で責任者の上野真志さんによると、改訂のために約10万語を収拾したが、そのうち採用されたのは1万語。
9万語が見送られたわけだが、その代表的なものは「キャバクラ」「萌え」「できちゃった婚」「イケテる」「イナバウアー」「クールビズ」「みたいな」「ワンコイン」など。

中でも、「キャバクラ」を新語に加えるか否かについては、編集部内で大論争になったという。

〈若い女性が酒で接待するところ〉という原稿案に対して、「スナックとどう違うのか」「若い女性の定義があいまい」などと異論が続出。
結局、誰か行ったことがある人は? という段になったのだが、編集部にキャバクラに行ったことがある人がいなかったことから、結局わからずじまいで没になったらしい。

Wikipediaでは、「キャバレーのように明朗会計で、かつ会員制のクラブのような高級感を漂わせている店」ということになっている。

広辞苑の改訂をめぐっては、カタカナ言葉を入れると、従来のファンから「そんな言葉を認めるのか」とか「若者に迎合するな」など批判があるという。

確かに広辞苑といえば辞書の代名詞のようになっていて、できるだけ多くの言葉を詰め込もうとしているようだが、そこまでする必要があるのだろうか?

カタカナ語や流行語向けに「広辞苑 卑語・俗語辞典」を作ったらどうか。
需要もあり、すべて丸く収まるような気がするのだが。


リラックマ

今日の中吊り

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

 |  未分類 | 社会 | 海外 | パソコン、インターネット | 政治 | デジタル | 医療・福祉 | 犯罪 | ビジネス | 雑学 | エンタメ | 教育 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. フリスビーのおやつ~週刊おとなニュース
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。